⑬私の改心

もう、おしまいだ

借金発覚に加えて合コンにまで行かれて。

全然大切に思われてない。
いい加減おしまいだ。
お別れだ。

自尊心をずたずたにされて、このときばかりは本当に別れよう、と本気で考えました。

悲しくて、腹立たしくて……でも、結局、どうしても、別れる、という判断が下せませんでした。

 

ネットでどれだけ検索しても、

・借金、浮気は治らない

・一度やったら繰り返す

・見切りをつけられない女もバカ

・いまはこの人しかいない、としか思えないだろうけど、そんなことない

・自分も同じ経験をしたけれど、別れてもっと素敵な人に出会った、あのとき別れて本当に良かった

そんな意見ばかりです。
頭ではその意見に100%同意なのに。

 

でも、でも、でも、別れられない。

これからの人生で、彼ほど好きになれる人に出会える気が全くしない。

借金してても、合コンに行かれても、別れたくないくらい「惚れさせられて」しまっていました。

 

天才と秀才

少し話が逸れますが、「天才はいるかいないか」と問われたら、多くの人は「いる」と答えるのではないでしょうか。

そして、ほとんどの人は、自分は天才ではないと自覚しているはずです。

その事実を素直に認めて、受け入れている。

天才と自分を比べて、自分だって等しく天才のはずだ、とは思わない。

 

例えばスポーツとか芸術とか、趣味や仕事の世界だったら、自分の能力の程度は大体把握していて、例えずば抜けた才能がなくても、それを認めることができている。

認めた上で、天才に並び立ちたいのであれば、秀才を目指して、努力することができている。

それってとっても理性的で建設的です。

 

でも恋愛になると、なかなかそんな風に割り切れないんですよね。

どうして自分ばっかり好きなんだ。

どうして自分ばっかり努力してるんだ。

そんな風に思ってしまう。

でも、そんな風に思うのはそもそも間違いなんだと、思ったんです。



彼は天才。私は凡才。

こと二人の間の恋愛において、彼は天才なんだと。

たしかに彼は頑張っていないようにみえるかもしれない。

2人の関係を維持向上しようと努力する私ほど頑張っていないようにみえるかもしれない。

事実、全く努力していないのかもしれない。

でも、それは、張り合うことではなかった。

彼は努力はしていないかもしれないけど、それでも生まれ持った才能か遺伝子か何がしかによって、私を惹きつけ続けることはできているのだから。

天才に努力を求める方がおかしかったんだと。

彼は天才。

残念だけど、私は凡才。

恋愛以外であればすんなり受け入れられるその事実を、恋愛においても受け入れればいい、それだけのこと。

 

天才に見合うには、努力するしかない。

一方的で悲しいとか、むなしいとか、そういうことじゃない。

才能の差を埋めるために努力しているだけ。

それは至極自然なこと、当たり前のことで、惨めでもなんでもないことなんだって。

 

こっちは気に入ってくれそうな服を選んで可愛いピアスをつけて会う前に必ず化粧を直していつ家に来てもいいように毎日部屋を片付けているのに、

散らかった部屋で洗い晒しのTシャツに色あせた短パンで簡単にときめかせてきたって、

それって、くやしく思うようなことじゃない。

 

頑張ってるとか努力してるとか、そんなこと関係ない。

結果的にどのくらい相手をときめかせたか、癒せたか、惹きつけられたか、それがすべて。

それだけの話。

 

才能に差があるのは当たり前。

それでも隣に居続けるために、その差を埋めようと努力するのは当たり前。

 

……というのが、当時、

口では「miuと別れたくない」と言う割に行動が伴っていないように見える彼に対し、

別れないために努力してるのは私ばっかりじゃないか!

と憤慨したときに、色々悩みながら辿り着いた私の考えです。

 

私が惚れ込んでいる以上には、彼を惚れ込ませられていない。

その分私の方が分が悪い、それは認めないといけない。

彼と対等になるためには、今のまま権利を主張するのではなく、改めて、惚れさせる努力をしなければいけない。

そう思えば、必要以上にイライラしたり落ち込んだりすることもなくなるかなあと。

 

……ここまで読んでくださった皆様はお気づきと思いますが、私は物事を大げさに考えすぎる傾向にあります(笑)

まあ色々書きましたが、

だからといって都合のいい存在になるのとは全く別問題ですけどね!

でも、結婚して何年も経つ今でも大好きなので、やっぱりあのとき諦めなくて良かったなあと、思います。

 この記事へのコメント

  1. yui より:

    ついさっき、彼の財布から、ア◯ムの返金明細書(残金約100万円)と、ア◯ムとプ◯ミスのカードが出てきました…
    彼は呑気に隣で寝ています…。
    借金がある事を信じたくなくて、寝れずに検索していたらこちらにたどり着きました…、、
    信用情報開示の仕方について、詳しく書くと過去記事にありましたがもう書かれてますか?
    もう年末なので、年越すまでにハッキリと彼に問いただすつもりです…。
    よろしくお願いします。

    • miu より:

      yuiさん
      はじめまして。突然の借金発覚、すごくショックを受けていらっしゃることと思います。
      信用情報開示に関する詳細記事ですが、ごめんなさい、まだ書けていません。最新の状況など確認して、間違いのない情報を掲載したいと思っていますので、少し時間がかかってしまいます。
      とはいえyuiさんは少しでも早く事態を何とかしたいと思われていらっしゃると思いますので、概要だけ…。
      個人信用情報を扱っている機関はCIC,JICC,KSCの3団体あります。開示方法は、それぞれの機関のHPを確認してみてください。
      一点注意なのが、情報開示は原則本人の手続きが必要です。そのため、彼と慎重に話し合いをして、彼自身に開示手続きを行ってもらう必要があります。
      少しでもyuiさんの心が晴れた状態で新年を迎えられますように!応援しています!

      • yui より:

        お返事ありがとうございます。
        あの後、クリスマスの日に問いただしたら、ア◯ムで100万円借りてることを白状しました。
        そして、27日の今日、実はまだプ◯ミスで80万あると言ってきました。
        合計180万円です。頑張っても完済まで4年はかかる計算です…。
        2月に籍を入れる予定だったので、ショックでした…。
        本人の前で、JICCを申請しました。
        miu様のブログがとっても心強いです…。
        親にももちろん誰にも相談できず、結婚する事はするかと思いますが、相談できないことが一番辛いですね…

        • miu より:

          yuiさん
          結婚直前にその金額とは…ショックですね…。
          ただ、結婚前に分かったのは、不幸中の幸いかもしれませんね。結婚してから実は…だと、更にショックが大きかったかもしれません。
          JICCへ無事申請されたことも、ひとつ希望になるポイントだと思います。ひた隠しにされて、絶対に申請してくれないケースもあるので。
          yuiさんの辛いお気持ち、よく分かります。亀の歩みではありますが、ブログも更新を続けていきたいと思いますので、いつでも覗きにきてくださいね。

  2. つら より:

    好きで仕方のなかった元カレから、プロポーズされたのですが、
    彼には借金がありました。
    別れた理由は借金とは別のことでしたが、

    話していない=嘘ついていない
    バレなければ付き合っていられる
    という風に彼は思っていたようで

    そのことについて、かなり彼を責めてしまい、裏切られてしまったという気持ちが強く、今は好きかがわからなくなっています。

    でも、嫌いになれない自分がいるなかで、この記事を見つけれて、少しいろんなことを前向きに考えたいと思っています。

    包み隠さずにお話しくださってありがとうございます!

    • miu より:

      つらさん
      裏切られてしまったという気持ち、よく分かります…。すごく悲しいですよね…。
      でも、少しでも前向きな気持ちになっていただけたのなら、それは良かったです!恥を忍んで赤裸々に書いた甲斐がありました。
      コメントを有難うございます。つらさんに幸あれ…!

  3. ゆい より:

    同じく、本日、彼氏からの借金カミングアウトを受けて、こちらのブログに辿り着き、励まされ、気持ちの整理が少し付きました。
    ありがとうございます。
    返す気があるようなので、信じても良いのか、でも借金するような男と今後一緒にいても良いのかと不安でいっぱいです。
    miuさんの、本音気持ちこもったブログ、本当に参考になりました!

    • miu より:

      ゆいさん
      コメントありがとうございます。
      彼に返す気がある、というのはひとつ希望ですね!
      ただ、彼を本当に信じていいものか、不安な気持ちものすごくよく分かります。
      彼の真意は言葉ではなく行動で示してもらうとよいと思います。
      お二人で期限を決めて、その期限を彼が守ってくれるかどうかで、今後を決めるのも一つです。
      応援しています!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

②彼の借金は20万円!?

⑤更なる絶望・第三の借金!

⑩借金彼氏の節約?生活

⑪合コン

⑭消費者金融完済

【番外編】期待しないということ